2017年07月03日

日本の農薬事情を知ると

スーパーで野菜や果物を買うときに中国産や韓国産は避け、
国産なら安心と選んでいませんでしたか。

でも、欧米人からすれば日本の野菜は
ほとんど汚染物扱いなんだそうです。

日本の農薬使用量は世界でもトップレベルです。

日本の野菜を安全と信じているのは日本人だけと警告する専門家もいます。

農薬を多量に使わざるを得ない状況にあるのは
日本は高温多湿であるため虫が発生しやすく、
また農業従事者の不足から手間をかけられなうからなんだそうですが

さらに厄介なのは 雨で農薬が流れ落ちないように
のりの役割をする「展着剤」が、使われていること。

展着剤が使われた野菜や水で流しても農薬は落ちなというのですから
もう、お手上げですよね。

家族の健康を考えれば
このまま手をこまねいてみているわけにはいきません。

無農薬のものにするか、
今ある野菜を安全なものにするか。

ベジセーフはそういう意味で選択肢の一つになると思いませんか?

➡ベジセーフについての詳細はこちらで

【関連する記事】
posted by ベジセーフ at 11:38| 日本の農薬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする